ヒアロディープパッチの使い方は?週1回寝る前に目元に貼るだけでOK

ヒアロディープパッチの使い方は?週1回寝る前に目元に貼るだけでOK

ヒアロディープパッチ使い方

 

 

ヒアロディープパッチは基本的に週1回寝る前に目元に貼るだけ
とっても簡単に目元のしわがケアできるシールとなっていますよ。

 

ヒアロディープパッチの効果的な使い方をまとめてみると

 

洗顔後、化粧水で肌を整えてから乾いた手で内袋を開けて

ヒアロディープパッチを取り出します。

 

この時に、濡れた手でシートに触らないように注意してください。

 

シート中央のマイクロニードルに触らないように注意して

ゆっくりとシートをフィルムからはがします。

 

鏡に対して正面を向き、目周りの気になる部分にシートを貼ります。

 

シートが目に入らないように、端を目の際から3ミリくらい離して貼り付けてください。

 

 

ヒアロディープパッチは目の際から3m離して貼る

 

 

ニードル部分が小じわに直接あたっていなくても
ヒアルロン酸や美容成分は角質層でシート範囲程度まで溶け出し広がります。

 

ですので、1度貼り付けたら安心して貼り直さないようにしてください。

 

貼り付けた後、シート全体を薬指と中指の2本で

真上から優しく2〜3回押さえて肌とシートを密着させます。

 

決して強く押さえずに、軽く押さえる程度で大丈夫です。

 

この時にチクチクとした刺激を感じることがありますが
ヒアルロン酸でできたニードルが肌に密着している証拠ですので心配はありません。

 

翌朝、起床したらシートをゆっくりはがせばケアが完了です。

 

目じりだけじゃなくほうれい線に貼って使うこともできるんですよね。

 

 

ヒアロディープパッチ口元

 

 

注意点としては濡れた手でシートに触らないこと

 

化粧水や乳液などが残っていると
シートがはがれやすくなるのでよくなじませてから貼り付けること

 

ニキビ・傷・炎症のある部分には使用しないこと

 

極端に高温あるいは低温、直射日光の当たる場所には保管しないこと

 

週に1回お休み前に目周りにシートを貼るだけで乾燥小じわのケアが!
ヒアロディープパッチの使い方って手間もかからず簡単なんですね。